プロフィール

米職人 玄米屋の玄さん

Author:米職人 玄米屋の玄さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

プロの米屋としての大失敗

河内長野市のお米屋さん
米職人 玄米屋の玄さんです

〖主人のひとりごと〗

昨日の大失敗のお話し
大失敗のはじまりは、お客様からかかってきたお電話でした。

「先日買ったもち米で餅つきをしているのだけど、お餅にならずに、ねこ餅(半殺しの状態)みたいになる」 10回ほど餅つきをするようですが 「すでに3回分もお餅にならない」「何年か前にも、違う米屋で買ったもち米も同じようになった事がある」とのことでした。お客様にはお詫びを申し上げました。「うるち米(普通のお米)が混ざったときに起こります。申し訳ございません。」 すでに餅つきを始めているから、もち米を交換するにも手遅れの状態。

お客様との電話のやりとりが終わった後、もち米を精米した担当者に報告しました。すると担当者は「もち米を精米する前に精米機をバラして掃除している。もち米の精米時には、万が一うるち米が混ざってはいけないので、うるち米を取除く機械を通すから99、9%ありえない」と言われました。

しまった・・・もち米とうるち米が混合したと安易に考えてしまったけど、冷静に考えれば可能性はもの凄く低いし、すこし混ざるぐらいではその様にはならない。
うるち米が混ざっていないとすると、
1、浸漬時間が足りていない
2、蒸し時間が短い
3、蒸しムラがある
以上の3つが考えられます。

すぐにでもお客様に報告しなければいけないのに、お電話の内容に動転していた私は、お名前・連絡先を聞いていませんでした。
「あ~~!! 私は何をしているんだ~~!!」
安易にうるち米が混ざっていると決めつけて、お客様の餅つきを台無しにしてしまったのです。

餅つきの状況をもっとしっかり確認していれば、対応策をアドバイスできたのに・・・・お客様の連絡先をお聞きしていれば、餅つきをしている現場に駆け付けることも可能だったのに・・・・
後悔しても時すでに遅く、自分の至らなさにガッカリ。
お客様にたいへんなご迷惑をおかけしてしまいました。

お客様が困られている時に自分は何ができるか、米屋として、プロとして、もっともっと勉強していかなければと肝に銘じた1日でした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

P1020793.jpg

今日も玄さんのお米で
幸せな食卓が沢山生まれますように

<< クリスマスプレゼント♪ | ホーム | 美味しくて食べすぎちゃいました (>_ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム