試食のご飯について。。。

河内長野市のお米屋さん
米職人 玄米屋の玄さんです

P1020940.jpg

試食用のご飯を毎日炊いてラップで包んでいる玄さんです。この試食、毎日微妙に食感がかわります。ちょっとやわらかだったり硬めだったりはもちろんなんですが、一番違うのはご飯粒の表面の舌ざわり。ツルンとなめらかな時、結露がつきすぎてやわらかくなる時、冷ましすぎて少し硬めな時。。。口に入れた瞬間かまなくてもなめらかで、程よい粘りと弾力があり喉ごしがいい食感をめざしてます。そこにご飯の香りと甘みが乗っかれば最高です。炊飯器の炊きあがりの音と共にふたを開け、ご飯粒をつぶさないように木のしゃもじでさっくりと混ぜ、ふたをして蒸らし1分。次に開けた時に出来上がりがわかります。混ぜるタイミングが1分違うだけでも全然かわります。しゃもじの素材が違うと更にかわります。やっぱり木が一番いいです。
あ、長くなりそうなので今日はこの位にしときますね(^_^;) 寒い日が続きますが負けないようにお仕事がんばります(^O^)/

今日も玄さんのお米で
幸せな食卓が沢山生まれますように

コメント

非公開コメント

米職人 玄米屋の玄さん

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

米職人 玄米屋の玄さん

Author:米職人 玄米屋の玄さん
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

カテゴリ