プロフィール

米職人 玄米屋の玄さん

Author:米職人 玄米屋の玄さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

稲作のこと

河内長野市のお米屋さん
米職人 玄米屋の玄さんです


日本では「稲作」がいつから始まったか?

日本では稲作が始まったのは縄文時代から弥生時代(約2000年~2500年前)にかけて。古代ではお米は籾(もみ)のまま焼いて食べていました。その次の時代には土で作った器を使って蒸したりして食べていました。
ではどうして日本中で稲作が行われるようになったのでしょうか?一番大きな理由としては日本の気候が挙げられます。雨が多く降る季節(梅雨)と雨が少なく暑い季節(夏)がある日本の気候がお米づくりに適していたのです。また食味の良さや長期間の保存がきくという点も主食としてお米が選ばれた大きな理由です。土器で蒸したお米はどんな味だったんでしょうか。米屋としては食感や香りや見た目も気になるところです。

P1020053.jpg


今日も玄さんのお米で
幸せな食卓が沢山生まれますように

<< 米屋目線で読みました | ホーム | 『もっと美味しそうに撮りた~い!』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム