プロフィール

米職人 玄米屋の玄さん

Author:米職人 玄米屋の玄さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夏を乗り切るアイテム追加!

すだれを
よしずの様に
日よけにしてみました
玄さんの奥さんです

IMG_5311.jpg 
IMG_5316.jpg

日射しが強くなると
窓際は少しだけ
温度が上がります


午前中は窓の外に
大きなよしずを
立てかけていますが
一面がガラス張りなので
地面からの照り返しが
なるべく入らない様に
ちょっと工夫(^^)


明るい店内なのは
気持ちがよくて
ありがたいことです


すだれちゃん、
一緒にがんばろうね
( ^^)/□


今日も玄さんのお米で
幸せな食卓が沢山生まれますように

オリヅルランの白い花が咲いた

河内長野市のお米屋さん
米職人 玄米屋の玄さんです


「オリヅルラン」
このネーミングが好きな
玄さんの奥さんです

IMG_5305.jpg

毎年
ほんの一瞬だけ
かわいらしい
白い小さな花を
見せてくれます


花が咲いても
すぐに落ちてしまい
後には葉っぱが
ワッサワッサと
生えてくる


というより
増えていく
(^_^;)


私はオリヅルランの
赤ちゃんと呼びます

IMG_5307.jpg

欲しい方いらしたら
おわけします(^^)
お花が終わったら
またお知らせしますね


今日も玄さんのお米で
幸せな食卓が沢山生まれますように

CoCoRoZakka さんの可愛いお茶碗

河内長野市のお米屋さん
米職人 玄米屋の玄さんです


やさしいお友達に
トマトのレシピを
教えてもらいました
玄さんの奥さんです


大好きなトマトで
冷汁にチャレンジ!
上手にできたら
報告します(^^)

上手にできたらね。。


そんな冷汁も
こんなお茶碗で
いっそうおいしく
食べたいですね

IMG_5295.jpg 
IMG_5291.jpg 
IMG_5300.jpg

ディスプレイの
かわいいお茶碗が
新しくなりました


青い方は
私たち夫婦も使ってて
夫婦茶碗として
お揃いであるんです


手触り
風合い
使い心地

とても気に入って
大切に使っています


トマトの冷汁も
これで食べますよ
(*^^)v


今日も玄さんのお米で
幸せな食卓が沢山生まれますように

「近畿大学 経営学科」講義

河内長野市のお米屋さん
米職人 玄米屋の玄さんです


おはようございます
玄さんの主人です


昨年に登壇した
「近畿大学 経営学科」講義
今年も商工会さんより
ご依頼頂き
行ってまいりました


母校の近畿大学
東大阪キャンパスは
凄い勢いで
変貌を遂げていました
なんと、
ガラス張りの図書館が
出来ていました!(◎o◎)


さて肝心の講義ですが
テーマは
「社会人のマナー」
について


今回は
「ヘアーズ アッシュ」の
八木さんとご一緒させて
いただきました


まず、八木さんが
医療用かつら(ウィッグ)と
お客様とのエピソードを話され
感動的な内容に
私も登壇前に感動の涙を
こらえるのが必至でした

19205055_459304787752522_1133851872_o.jpg 
19197828_459290427753958_957409477_o.jpg

続いて私の出番
私の話は創業当時の事
小さな個人商店ですが
山あり谷あり
色々ありましたので
そんなお話を(^^ゞ


講義後は学生さんから
時間いっぱいまで
沢山の質問を頂き
楽しかったです


去年は初めての経験で
かなり緊張しましたが
今回は少し落ち着いて
話せたかと思います


今年もまた
良い経験を
させて頂きました
<(_ _)>


今日も玄さんのお米で
幸せな食卓が沢山生まれますように

胚芽米と白米

河内長野市のお米屋さん
米職人 玄米屋の玄さんです


昨日は「胚芽米」を
ご注文のお客様が
多かったぁ~(^^)

うれしい悲鳴の
玄さんの奥さんです


お店の屋号からして
玄米や分づき米の
ご注文が多い玄さん


最近は特に
胚芽米をご希望の
お客様が増えました


炊き方は白米と同じ
黙って食卓に並べても
誰も気付かない程です


しかも胚芽の部分は
甘くておいしい(*^^)


白米と胚芽米を
お写真のように
並べてみると
こんな感じです

違いわかりますか?

IMG_5279.jpg

左の方が白米
右の黄色っぽい方が
胚芽米です


胚芽の部分は
と~っても栄養豊富!
試してみたい方は
いつでもどうぞ~
(^^)/



今日も玄さんのお米で
幸せな食卓が沢山生まれますように

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ